メニュー

売り場提案は、
営業の腕の見せ所!

国内営業部 東京営業所
N.Yさん 2014年入社

バーサル・ンパニー”という名の
とおり、将来性や勢いが入社の決め手です

私は理学部の大学院出身なので、初めはメーカーの開発職を探しました。ところがなかなかうまくいかず、システムエンジニアなどにも広げて活動したものの、やりたいことではないと気付いて考え直しました。

私には弟がいて、私よりも先に営業の仕事に就いていました。弟の一生懸命な姿に「意外に自分も合っているかもしれない」と思うようになり、営業職を目指してみることにしたのがきっかけです。

ご縁というのはあるもので、探し始めてすぐに出会えたのがユニカです。メーカーであり「理系大歓迎」という求人に惹かれました。社名の由来でもある“ユニバーサル・カンパニー”のとおり海外に進出していたことと、「もっと夢へ」という方針を聞き、勢いと将来性を感じました。それで入社を決めました。

工場研修とテクニカルセンターでの経験が
営業に必要な土台となりました

私は、入社後の数年で貴重な経験をさせてもらいました。
岩手工場では、技術課の先輩に製品ごとの特長をじっくりと教えてもらい、私の大きな財産となっています。

2年目には、テクニカルセンターの配属となりました。テクニカルセンターとはユーザーを技術的にサポートする部署で、各地でアンカーの講習会を開催しています。講習は主に施工管理者や実際に施工されるユーザーの方を対象に行い、座学・実技ともにテクニカルセンターの人間が講師を務めます。私も実技を中心に、講師として商品の正しい使い方をレクチャーしてきました。

開催要望も多いのでユニカの営業が講習することもあり、営業に講習の仕方を教えることも、テクニカルセンターの役割のひとつです。人に教えるからには自分が試され、貴重な経験となりました。

営業になる前のこの2つの経験は、その後の営業活動に大いに役立っています。私が理系学部の出身だったことや、同じキャリアを積んだ先輩社員の功績があっての配属だったのだと思うのですが、会社が各社員のもつ可能性をよく見てくれているなと感じています。

“売り場提案”は営業の醍醐味
仕事のメリハリも自己管理です

私は現在、ホームセンターを担当していますが、ホームセンター担当に限らず、ユニカの営業職の代表的な仕事に“売り場提案”があります。ニッチな商材ということもあり、商品の品揃えを考えるには専門知識が必要となりますし、どのように陳列するかで、売れ行きがかなり左右されるからです。

お客様から要望を受けることもありますし、陳列の仕方が気になれば、こちらから売り場の改良提案をすることもあります。ある店舗で成功した売り場であっても、ニーズは地域や顧客層によって変わるので、お客様に合わせた販売アップ提案をしているのです。

こうした売り場提案はお客様からも好評で、いかに“売れる商品配列”を提案できるかが、私たち営業マンの腕の見せ所であり、仕事の醍醐味です。

営業にはそれぞれパソコンが支給されているので、メールの送受信、製造現場や他の営業所とのやりとりなどは社外で行うことも多くなります。自己管理が必要ですが、自分なりに工夫していけるところもまた、営業の面白さだと思います。

展示会などは土日に開催されることもあるので、休日出勤した際には代休をとるようにしています。会社も自分で考えて代休や有休をしっかりと消化するように推進してくれているので、“休みがとれない”という心配はありません。また、直行・直帰の判断も営業効率を重視して行なわれており、働きやすい環境だと感じます。

営業は多くの人から教わり、
失敗からも学べる魅力ある仕事です

今はある程度の自信を持って営業活動できている私ですが、最初の頃はなかなか上手くいきませんでした。今から思えば、提案が下手という以前に、態度や言葉使い、時間の管理など、いろんな面で未熟だったと思います。

失敗から学ぶことも多く、いろんな上司や先輩から対処法を教えてもらい、刺激を受けながら成長できました。そして何よりも、実際に商談をする中で、お客様から教えていただいたことが非常に大きかったと思います。

営業は多くの人から学んで、自分自身が成長できる仕事です。他のメーカー、代理店、販売店、エンドユーザーなど、色々なお客様と接する機会も多いからです。お客様からの要望を社内に持ち帰って、他の部署と調整して進めないと上手くいかないので、調整力も自然と身に付きます。

自分で考え工夫し、色々な人とのコミュニケーション能力を高められる、マルチタスク的な能力が身に付く魅力ある仕事だと思います。

ドリル業界はニッチな世界で、同じドリル商品でも口径違いなど種類も多く覚えることはたくさんあります。多種多様な知識を持っているからこそ、お客様のニーズに応えることができ、“あける・留める”のプロフェッショナルになれると思うのです。

私も中堅の立場になりつつあるので、新しい後輩たちも大いに巻き込んで、一緒に楽しく前向きな仕事をしたいと思っています。

国内営業職の一日国内営業職の一日

出社

売り場提案の作成
シミュレーション
ルームで、
提案資料を
作成し、メールで提出

ランチ同僚と営業所近くで
(ユニカ社員、常連の店)

大型提案案件のための商談、
近隣のホームセンターへ
顧客である商社の
営業所を訪問し、
翌週のバイヤーへの
提案のための打ち合わせ
近隣有力店舗を訪問

帰社明日からの
名古屋出張の準備

退社

学生へのメッセージ

ユニカは様々な個性がそろっていて、各自がしっかりとした考えを持った熱い集団です。困ったときには手を差し出してくれる人も多く、チャレンジしたい人には力強いサポートが待っています。もちろん、私も先輩から受けた大きな恩を、新しい仲間に返していきたいと思っている一人です。
あなたも、そんな仲間と一緒にプロフェッショナルを目指してみませんか。

休⽇の楽しみ

学生時代からバンド活動を続けています。現在はジャズバンドで、ドラムを演奏しており、ジャズ喫茶で仲間や初めて会う方とジャムセッションしたり、カフェやレストラン、古本屋などでライブを行っています。
地域のイベントなどでは、私から出演希望や具体的な企画内容を主催者側に投げかけることもあり、こんなところにも提案力が活かせてますね。(笑)

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]