開発環境
TOP > 先輩社員の声(技術編)
募集要項
中途採用
先輩社員の声
営業編技術編
募集要項
技術編
刀禰 智徳 2002入社 ユニカ株式会社東京営業所 営業
まず手にとってもらうこと。それが最高のセールストークになる。
学生時代に取り組んでいたのは歯車の研究。正直、ユニカの事業とは全く関係ない研究です。私も同じことを感じていました。ユニカに入り、岩手工場に赴任して、見たことがない機械ばかりということにまず驚きました。大学ではある程度、いろんな機械を見てきたけれど、ここはユニカ・オリジナルの機械ばかり。まずはその性能や役割を理解することから始めなければと思いました。

でも、配属された製造技術班では既存の機械設備の整備や改良を行っている。そこでは大学で学んだ技術、得た知見を生かせたんです。やっぱり機械に向かうと「これは知っている。ここはこうすればうまくいく」という考えが浮かんできますね。自分の持てる力を十二分に発揮できて、満足のいく結果が出たときはうれしいですよ。そんなやりがいのある仕事を想像していたので、東京から岩手の工場へ就職することは、特に不安には思わなかった。就職活動では会社の雰囲気を重視していたけれど、選考の段階で知り合ったユニカの先輩はとてもアットホーム。それに今後は少量多品種の時代。一つの機械設備で、様々な製品を作っていかねばならないようになる。そこで自分の知識が活かせるのではないか、というわくわくが勝っていました。もちろん、入社してからは勉強の毎日。心がけたのは、自分の力で疑問を解決すること。その中で、少しずつユニカを学び、自分のものとして行こうと思っていました。

今の目標は、ユニカで使う設備を自分の手で最初から設計したいということ。今はまだ改良して使うということが圧倒的に多く、自分が考案しプログラミングしたものが動く喜びは感じられるが、それが全て自分の手によるものだったら、と思うと本当に楽しみですね。これからは製品のバリエーションも増えることが予想されるので、機会はいつか回ってくる。それまでにより知識と技術を身につけ、田中オリジナルの設備を作りたい。最終的には、工場のオートメーション化による品質向上・効率向上も実現したいですね。中国やベトナムにある工場へラインの立ち上げ支援に出向いた時、どうしてもトラブルの起こってしまう現場を目の当たりにしてそう思いました。いつかは、多くの後輩スタッフとオリジナルの設備で、新しいユニカの製品を作りたいですね。

トップへ戻る

foot